備後国府まつり2018

    2018年度の備後国府まつりを7月21日22日と2日間に渡り開催しました。7月初旬の西日本豪雨により府中市でも多くの被害を受けました。その中で開催の是非について多くの声をいただきましたが、この備後国府まつりが府中市を盛り上げる一助となるよう尽力し、来場された方はもちろん、府中市内の方の力になるようにと開催しました。
    今年の備後国府まつりは今あるまつりの内容に加えてもっと子ども達が参加し主役になれるものが必要だと考え『子どもが笑顔になれるまつり』をテーマに開催しました。21日のパレード・おどりカーニバルは商店街からお祭り広場前とコース変更をしまして常に人混みの中を進行し、大変盛り上がるものとなりました。そしてステージイベントと泡祭-AWASAI-では多くの人、特に若者がステージに前につめかけて出演者と参加者が一体になりまつりを盛り上げていただきました。22日には『子どもタンスリレー』『水祭』と言う新たなイベントを開催しました。子どもタンスリレーは定員を超える募集があり、参加してくれた子ども達は真剣な表情で優勝を目指していました。参加者やその保護者からもこれからも続けて欲しいと声を頂き大変うれしく思っております。その横では水祭という水を使用したイベントを開催しました。酷暑の中でしたので多くの子ども達、家族連れの方に来ていただき、ずぶ濡れになりながらの素敵な笑顔はとても印象に残っています。どのイベントも参加していただけた方の笑顔が見れ、本当にやってよかったと実感しております。企画、準備、当日と多くの方にご協力頂き無事この備後国府まつりが開催できたこと大変感謝しております。本当にありがとうございました。